KINTOコーヒージャグ。スローなコーヒー時間を楽しめるオシャレなドリッパーセット

シェアする

scf_2015-1206 - 7

コーヒー好きなら、行き着く先は自分でドリップ。ポタポタとコーヒーを淹れる時間は、ゆっくりとした時間が流れ、美味しい香りとあいまって何とも贅沢な時間。

今回KINTOのジャグセットを頂いたので、さっそく贅沢な時間を味わってみる。

スポンサードリンク

スローという贅沢を味わえるスタイリッシュドリッパーセット

scf_2015-1206 - 2

いただいたドリッパーセットは「KINTO(キントー)」製。「KINTO(キントー)」は、使い勝手とデザインにこだわったキッチン雑貨などを作っている会社です。

SLOW COFFEE STYLE というコンセプトのも、オシャレなコーヒーアイテムがいろいろと発売されています。

scf_2015-1206 - 4

我が家のコーヒーアイテムに新しく加わったのはコチラのコーヒージャグセット。

耐熱ガラス製ジャグ、プラスティック製ブリュワー、ステンレスフィルター、軽量カップ目盛り付きホルダーの4点セット。無駄を排したシンプルさが何ともオシャレなコーヒージャグセットです。

ジャグにはコーヒー2杯分の目盛がデザインされています。飾っておくだけでもオシャレ。

scf_2015-1206 - 3

ステンレスフィルターは1つ穴。ですが、コーヒー豆を直接フィルターに入れるので、穴が開いている訳ではありません。ペーパー不要なのでエコですね。

scf_2015-1206 - 7

実際にドリップ開始〜。普段使っているハリオより穴のサイズが小さいので、ちょっと粗めに豆を挽いてみる。

scf_2015-1206_3 - 1

本日の豆はコホロエルマーズコーヒーカウンターで購入した「コホロブレンド」。2杯めの目印まできっちり淹れると約300ml。お好みに応じてコーヒーの量を調整しましょう。

今までハリオのドリップスケールで、美味しくコーヒーを淹れるために、時間と量を量りながらドリップしていました。どこかしら管理されている感じですね。

対してこのKINTOコーヒージャグセットは、ただただゆったりと気のむくままコーヒーを淹れる。そんな時間を楽しむためのドリッパーセットだと思います。

THE RICHNESS OF GOING SLOW。

ゆったりとした贅沢ジカンを楽しみましょう。

ステキな誕生日プレゼントをありがとう嫁。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です