セラミック焼き網でトーストを焼いたらカリッフワッと美味しく焼けた

シェアする

コーヒー好きの、休日の朝食はトーストになることが多い。

もっと美味しくトーストを食べる方法はないかと探っていると、「セラミック焼き網」にたどりついた。なんでも、このセラミック焼き網で焼いたトーストが美味しい!と今話題になっているんだとか。

さっそく焼いてみるべし。

スポンサードリンク

セラミック焼き網とは

焼き網の下に、セラミックの板がついている焼き網のこと。セラミックの板が「遠赤外線効果」をもたらし、コンロで焼いてもまるで炭火焼で焼いたように美味しく焼けるのが特徴。直接コンロの火をあてずに、セラミック越しの熱でじっくり焼く。焼き物は全て美味しく焼けると評判。

なぜ人気

TVCMで小林聡美さんがイングリッシュマフィンを、このセラミック焼き網で焼いています。あまりにも美味しそうに焼いているシーンが印象的で、そこからインスタグラムなどで広まりました。CMで使われていたのは、京都の「金網つじ」の焼き網です。焼き網いがいにも、手編みのコーヒードリッパーなども手がけています。

金網つじ

美味しく焼ける

このセラミック焼き網で焼くと遠赤外線効果で、トーストだけでなく野菜、お餅など、焼き物ならなんでも美味しく焼けちゃいます。では、なぜ遠赤外線だと美味しく焼けるのでしょうか?

赤外線の熱は輻射熱ともよばれ、一点から周り放射する熱。そして赤外線の熱は、表面組織を一気に硬化させます。そのため食材の旨味が外へ逃げずに中にギュッととどまります。中がホクホクの石焼き芋も、同じ原理で焼いています。あー、焼き芋くいたーいw

インスタ映えする写真が撮れる


網の上で焼いているトーストなど、美味しいシーン、インスタグラムにサイコーな写真が撮りやすくなりますよ。

実際に焼いてみた

実際にトーストを焼いてみました。


まずは、セラミックをコンロの熱で予め熱しておきます。


焼け具合をみて、ひっくり返したり、場所を移動させたり、けっこう忙しい。トースターと違って機械任せでなく、手をかけることが、こだわりのある生活みたいで良いですよね。


そして、表面はこんがり、中はモチっと美味しく焼けました!どうですか?美味しそうでしょ。

インスタグラムにもバッチリ。

どこで買う

今、話題のセラミック板焼き網。ダイソーとか百均でも売ってるみたい。ほか、雑貨屋さんでも色々売ってます。

ネットで調べてみる。さきほど紹介した「金網つじ」は、オンラインショップからも購入可能です。
金網つじ オンラインショップ

楽天市場では、こちらの店舗で「金網つじ」のセラミック板焼き網の取扱があります。
POST DETAIL 楽天市場店

アマゾンでは、金網つじの焼き網はありませんでした。かわりに、一番多くレビューが付いていた商品がコチラの丸十金網の焼き網(2017年2月12日調べ)。我が家のセラミック板焼き網も、この丸十金網のものです。


丸十金網 セラミック焼網 大 22cm

なんでも美味しく焼ける

トースト以外にも、お餅、たい焼きなどセラミック板焼き網で焼いてみた。すべてにいえるのが、

おいしー

ということ。普通にトースターで焼くより、手間がかかるぶん、そう思いたいのかもしれないけどw

外はカリッと中はフワッと。ほんと美味しく焼けますよ。

どうせ食べるなら、美味しく食べたいよね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です