フォームミルクの練習をなるべく少ないミルクでする方法

シェアする

upload

ラテアートをキレイに決めるにはやはりフォームミルクの出来が肝心。
そのためには日々スチームミルクの練習あるのみっす。

でも1杯分のラテアートに必要なミルクの量は約150cc。
6回〜7回練習すると約1リットル。

牛乳代も馬鹿にならんす。

そこでおトクなフォームミルクの練習方法教えてもらいましたので公開。

スポンサードリンク

水で割る

ミルクと水を1:1ぐらいで混ぜたもので練習。
これでも十分、キメ細かいミルクを作る練習は可能なんです。

ただひたすらスチームの練習をするにはいいですよ。

上手くフォームミルクを作るコツ

があったら教えてくださいw

まずはしっかりと手を固定できる自分なりのポジションを見つけること。
スチーム中にノズルの位置が少しでも上下に動くと
空気の送り込み、対流による撹拌がうまくいきません。

肌で適正温度を測る

フォームミルクの適正温度は60〜65度。
この温度をしっかりと指先でミルクジャグ越しにはかれるように。

60〜65度。
思っている以上に熱いです。
アツアツっと感じてから一呼吸ほど我慢する感じでしょうか。

層ができる

upload

スチームが上手くいくと写真のように
液体が下に泡が上に分離します。

この原理でラテアートのミルクの白が浮いてくるのですね。
層の最適な厚みは約1cm。

さぁ、頑張って練習しましょう!

慣れるまではキッチリ計る

しっかりと温度の感覚をつかむまでは温度計はいるかも。
この温度計は65度を境に色がついているのでわかりやすそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です