注文したPostCoffeeがポストに届いたよ!

注文したPostCoffeeがとどきました。

はたしてどんなコーヒー豆が来たのかな。

スポンサーリンク

ほんとにポストに届いた

PostCofeeのウリのひとつがポスト投函で届くということ。

最近はコロナのせいで在宅率は高いけど、ポスト投函されるので不在でも安心。しかもヤマト運輸のネコポスでくるので、荷物の配送状況もわかって安心です。

注文して2日でとどきました。

箱のなかには、3種類のシュペシャリティーズ!

「深煎り好き、稀に中煎りを飲む
DARK NERD」とのコーヒー診断をもとに届いた3種類のコーヒー豆がこちら。

  • Mexico Decaf
  • Indonesia Aceh
  • Guatemala Naranjales

付属冊子のチャートでみると、味テイストが、Bitter 〜 FruityのラインでみるとBitterよりで同一ライン上にあって、ロースト具合がDarkからMediaum上で当分に分散している感じ。

さっそくテイスティン!

ハンドドリップでコーヒーを飲み始めた頃は、色々と産地がどこそこ、農園がどこそこファームなどを有り難がってスペシャリティのコーヒー豆を探しては買っていたけど、さいきんは各お店の特色がわかるブレンド豆一択。

なので久しぶりに飲むスペシャリティは、新鮮な味。

ブレンドってマイルドな傾向の豆が多いけど、スペシャリティはとんがってる、どれも個性強いね。

今回届いた3種類のコーヒー豆は、同じテイストラインにあるけど、焙煎具合と産地によってこれだけ味に違いが出るのか、と驚き。

Guatemala Naranjales が、ビターなんだけどマイルドで飲みやすくてかなり好きな豆です。

前のコーヒー豆の味をわすれないうちに、次のコーヒー豆を飲める、のがいいですね。

自分好みのコーヒー豆に進化させる楽しみ

普通のコーヒー豆の通販ショップであれば、好みのコーヒー豆をある程度みつくろってお届け!で終わりそうだけどPostCoffeeは、ここからが違う。

まだ機能が有効になってないけど、画面中央に「フィードバックをする」という文字が見えるだろうか。

届いたコーヒー豆のフィードバック機能が使えるようになりました!。届いたコーヒー豆を「好き」・「普通」・「苦手」 の3段階で評価。シンプルでいいですね。

このように届いた3種類のコーヒー豆を評価して、自分好みのコーヒー豆が届くように進化するんです!

自分の好みを突き詰めてもいいし、自分の好みを真逆のコーヒー豆と出会ってみるのも楽しそう。

コロナでカフェ、喫茶店に出かけられない今、自分でコーヒーを淹れる楽しみを味わいましょう!

Enjoy Coffee Life!

PostCoffee
https://postcoffee.co

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする