デロンギeco310でラテアート練習の日々。ミルクのスチームはやっぱり難しい

シェアする

16943962822_c26885d9a1_o

久々に家で毎日ラテアート練習を続けいる。ミルクのスチームがやっぱり難しい。

スポンサードリンク

ミルクの硬さ加減が難しい

16831739742_2875f45bf0_o-3
ちょっとミルクが硬かったショット。

今使っているコーヒー豆は、ボダムグラインダーで一番細かく挽くと抽出が点滴状になってしまう。タンピングを弱々にしてもポタポタ。なので目盛を一目盛り粗めに設定。このへんの調整も楽しいよね。

最近はもっぱらリーフを練習。以前ラテ教室で、リーフを描くときのミルクはゆるめと教えてもらった。確かに緩くないとミルクがうまく流れていかない。ただ緩すぎるとショバショバ〜っと流れてうまくミルクが浮いてこない。ミルクが硬すぎるとリーフが上手く枝分かれしなくて団子状になってしまう。

丁寧にミルクを潜り込ませる

ちょっと気にかけているのが、ミルクをエスプレッソのクレマの下に潜り込ませるとこ。今までは雑にこなしてたんですが、ここで丁寧にかさを増やしてあげると、綺麗にミルクが浮いてくれる。ひとつひとつ丁寧に工程をこなしていかないとダメだね。でも、ミルクスチームは難しいw

16718558239_b41139a57f_o
こっちはちょっとミルクが緩いかな。
うー、やっぱり難しいっすw

デロンギECO310のスチームノズルの改造記事はこちら。
デロンギ icona ECO310Rをラテアートしやすいようにプチ改造

amazonで高レビュー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です