なぜプロはハリオを選ぶのか?これがスタンダードだからさ

シェアする

14774704773_862b092783_z

我が家でも大活躍のハリオドリッパー、ドリップスケール。その魅力が東洋経済ONLINEで、コーヒー、なぜプロは「HARIO」で淹れるのかという記事になっていました。

スポンサードリンク

経済コラム満載の東洋経済ONLINEでコーヒーを取り上げているのも驚き。それほど今コーヒーがブームなんでしょうね。

サンフランシスコのカフェでバリスタがV60を使っているのを見かけて、なぜ使っているのか尋ねると、「日本製は使いやすくて最高だからね」という答えや、「形がクールだよ」という答えが返ってくる。「理由? そんなものないよ、これがスタンダードなんだから」という答えも多かった。

ブルーボトルコーヒーなど「サードウエーブ」と呼ばれる、今のコーヒー最新形が一杯一杯を丁寧にドリップすること。バリスタチャンピオンが使用していたハリオのドリッパーは、海外で火がつき「サードウエーブ」の波にのってさらに人気のコーヒーツールになりました。

ハンドドリップは非常に変数の多い作業だ。使用する器具、豆の量、挽き方、お湯の温度、お湯の量、注ぐ早さとドリップ時間などが複雑に関係するため、下手だと分かっても、どこを改善すれば良いのかが分からなかったのだ。

またV60ドリップスケールが誕生したのは、ドリップレシピを忠実に再現したいとの海外ユーザーとの議論の中から誕生したもの。

豆の量、注いだ湯量、時間が計測できるV60ドリップスケールは、コーヒードリップをハックするために生まれたツールと記事内で紹介されています。
やはり美味しいコーヒーを淹れるには、分量、時間をコントロールしないとダメなんですね。

奥深しコーヒー道。

ハリオに関連する記事
こいつは便利だ!実際にハリオV60ドリップステーション&ドリップスケールでコーヒーをドリップしてみた

ハリオV60ドリップステーション&V60ドリップスケール。カッコよすぎてアマゾンでついポチってしまった。。。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です