バーンホーフのコーヒー豆イルガチェフG1をドリップ

シェアする

cf_2015-06-25- - 1

戴き物のコーヒー豆を仕事から帰ってドリップ。豆は、大阪福島区にある自家焙煎のコーヒーショップ、バーンホーフ BAHNHOFのイルガチェフG1。名前がカッコ良い。

さてお味は。。。

豆 バーンホーフ エチオピア イルガチェフG1
豆分量 約29.0g
挽き具合 ボダム ドリップマーク 2目盛
湯温 90
蒸らし 50秒
抽出時間 2分20秒
抽出量 230cc
ドリッパー ハリオv60 01 セラミック、ドリップステーション

スポンサードリンク

cf_2015-06-25- - 2
ただいま、蒸らし中。モクモクとふくらみ、まるでチョコレートケーキのようで美味しそうw

他の豆を同じくらいの粗さで豆を挽いてみたけど、新鮮なので豆の密度が高いのか、抽出にちょっと時間がかかった。

cf_2015-06-25- - 3

エチオピアの豆ということで、想像どおりの豊かな味わい。ほどよい苦味とともに、フルーティな味わいがいろいろ混ざってる。ほんとボキャブラリー少なくて申しわけないw

ただ一言で言い表せないほどの、豊かな味わいってのは間違いないです。

次回はもう少し湯温を下げて、酸味系の味を引き立ててみたい。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です