【動画】コーヒーの雑味を落とさないドリップ方法。本当にスッキリとした味になって驚いた

シェアする

みなさん、コーヒーはどのようにドリップしてますか?まず最初に適量のお湯を注いでコーヒーを蒸らす。その後、数回にわけてお湯を注いでドリップ。このようにドリップしている方、多いと思います。わたしもそうです。

今回ご紹介するコーヒードリップ方法はちょっと違います。いかに雑味を落とさないようにするのか、にこだわったドリップ方法です。

スポンサードリンク

Youtubeで紹介されていた、コーノ式ドリッパーをつかって2人分のコーヒーを抽出するドリップ方法です。

150517-0002
まずは最初の1滴がコーヒーサーバーに落ちるまで、コーヒー豆の中心点にポタポタとお湯を注ぎ続けます。すると豆がムクムクと膨らんできます。ここの膨らみ具合で、豆の鮮度、湯温が適切かがわかります。

最初の豆を蒸らす際に、どれぐらいお湯の量を注ぐのか調整が難しいため、この方法を推奨しているそうです。

150517-0005
お湯を注ぎ続けていると、白い泡が浮いてきます。この泡を沈めないように、お湯を注ぎ続けていくのがポイント。この白い泡の中に、渋み、えぐみなどの雑味が含まれているので、お湯で浮かして一緒にドリップしないようにします。

150517-0007
徐々に注ぐ円の大きさを1円玉から10円玉ぐらいまで大きくします。そして7割ぐらいコーヒーを抽出できたら、注ぐスピードを上げていきます。しっかりと味を出したいときは、じっくり注いでもOKです。

150517-0008
最後はフィルターにお湯をいっぱい注いで、白い泡を浮かせた状態でドリップを終了させます。適正量までコーヒーサーバーにドリップできたら、サッとドリッパーをお湯を張った状態のまま外しましょう。嫌な雑味を落とさずに抽出完了!

少量のお湯を注ぎ続けて、雑味を浮かせ続けるがこの注ぎ方のポイントです。

実際にこの方法でドリップしてみたよ

豆 モカブレンド KALDI
豆分量 約27.5g
挽き具合 ボダム ドリップマーク 2目盛
湯温 91
抽出量 280cc
ドリッパー ハリオv60 01 セラミック

抽出に時間がかかりそうだったので、湯温はちょっと高めでドリップスタート。ポタポタと抽出するのが難しい!ポタ、ポタポタ、ジャー、ポタみたいなw

豆は膨らまなかったけど、しばらくポタポタしていると、確かに白い泡が浮いてくる。この泡を落とさないようにポタポタ抽出し続ける。サーバーに7割ほど抽出出来た時点から普通に注いで、最後は白い泡を落とさずにドリップ完了。

飲んでみる。

確かに前回までの味とは明らかに違う。すっきりとした酸味のある味に仕上がった。驚くほど雑味がない。本当にない。ビックリするぐらいないぞ。

いつも変な苦味が出るんだよなぁ、とお悩みなら是非、一度お試しください。

dp_2015-05-16_ - 1

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です